日泉建設株式会社

Feature

日泉建設の家

日泉建設の家

日泉建設の建売住宅

省エネ性能が「目に見える」新しい評価基準

注文住宅・建売住宅のどちらにおいてもこれから生活を始める家ならば、快適で経済性に優れたものであって欲しい。
私たちは、その良さを言葉だけでなく客観的なデータに基づいてお客様にお伝えします。

BELSって何?

これから新築の家に住むことを考えている方にとって、省エネなお家であることは毎月の光熱費が抑えられるという点で大事なポイントの一つだと思います。

それでは「省エネな家」とはどんな家でしょうか?

省エネな家に求められるものとして、断熱性・気密性の高さがあります。
断熱性が高ければ、外気の影響を受けにくくなり、エアコンが部屋を暖めたり涼しくしたりするために稼働する電力を抑えることができます。
高気密な家ならば、室内の空気が逃げず、すきま風も入らないため、エアコンの稼働も減らすことができます。
断熱・気密に優れた住まいが省エネに繋がるのにはこのような理由があるのです。

その点を踏まえて、BELS(ベルス)についてご説明すると、BELS(ベルス)とは、「建築物省エネルギー性能表示制度」という住宅の省エネ性能を第三者評価機関が評価し認定する制度のことで、平成28年4月より建築物省エネ法により、建物の省エネ性能表示を行うにあたって建築物の省エネ性能表示のガイドラインにおける第三者認証の1つとして運用が開始されました。

※BELS[ベルス]とは Building-Housing Energy-efficiency Labeling System(建築物省エネルギー性能表示制度)の略称です


私たち住宅会社が、新築の家を建てる際に申請を行い、建てた後に検査を行った結果が左のような図となっています。
上から順にご説明すると、
1.BEIに応じた★マーク
 「BEI」とは現在国が定める省エネ基準(1.0)に対してどれだけエネルギー消費量が少ないかで 評価され、数字が少ないほど省エネルギーであるとされています。

 ★5つ:BEI ≦ 0.80
 ★4つ:0.80 < BEI ≦ 0.85
 ★3つ:0.85 < BEI ≦ 0.90
 ★2つ:0.90 < BEI ≦ 1.00
 ★1つ:1.00 < BEI

2.基準からの削減率とそのレベルをグラフで表示
 削減率は、基準に対して何パーセント削減できたかを示し、数値が高いほど省エネルギーな家であるということが分かります。
 グラフは左に行くほど性能が高いことを指しています。

3.一次エネルギー消費基準への適合可否、外皮基準への適合可否
 建物の消費エネルギーの計算値が省エネ基準に達しているか、外皮性能(断熱性)も同様に達しているかの結果です。

4.ZEHマーク
 建物が太陽光発電システム等を使用していてZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の基準に達している場合はさらにZEHマークが付きます。

  つまり、BELSとは、国が定めた省エネ基準よりも高い基準の省エネルギーな家である、ということ証明しているものと言えます。
戻る